スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

すももは?

いっくんが、新しいお家に旅立って
一番心配だったのは、すももがどうなるか?

今まで姉弟で仲良く支えあってきたのに
もしかしたら 私に対して 疑心の塊でいっぱいになったら・・



そんな心配無用でした

いつきが居なくなった 夜から

すももは、私に対して今までの
「まだちょっとmofmofの事信用していないんだから・・」
みたいな感じではなくて


「mofmof待ってたよ すっちゃんさみしかったよ」
みたいな あまりの変わりようにびっくりしました

旦那は、「よっぽどさみしいから お前にしょうがなく頼っているんだ」
言われてますが

実際はそうかもしれない

でもいっくんが、旅立ったこの機会に
すももともっとじっくり向き合ってみたいなぁって思っていました

いっくんの里親さんが「すっちゃん いっくんと離れて大丈夫ですか?」
と心配してくだっていましたが

いっくんには、人がいる空間に自然にいつきもいるような環境で育って
ほしいと思っていましたし
今の我が家では、猫空間に私が行くという形
ほとんど2匹でいるような感じだったので

それが申し訳なく感じていました

でも まずいっくんが幸せの扉をあけて 進んでくれたこと
それによって

すももも希望の光をもって頑張ってみようと思いました
だから 今は夜何時間かは、リビングにつれていって 
一緒にテレビを見たりしてます

でもまだまだ 鳴いていたり警戒心ありありですが
きっといい方向に進んでくれると信じています

だっていっくんだって 自分で幸せをつかんでいるんですもんね

ねぇ いっくんそうだよね

下記は、日曜日に里親さんから頂いたメールです
今はもっともっと仲良しですよ

少しずつご紹介していきますので
皆さんもいつきが、Mさんたくの新しい家族に徐々になって行く
過程をごらんくださればうれしいです





いっくん、どうやら吾郎さんが気になって仕方がないようです。
タッタッタと、あの巨体で吾郎さんの後を、
追いかけて行きます(笑)
吾郎さんのお腹もタップタップ揺れる。
さっきは、吾郎さん、虫の居所が悪かったのか、
いっくんに猫パンチの連打をお見舞い・いっくんも負けじと猫パンチをお見舞い。
でも二人共、爪の出てない優しいパンチ(笑)
いっくんと吾郎さんがお見合いすると、
いっくんが先に負けてゴロンとお腹を見せます。
巨大児どうし、仲良くしていますよ

まるは、一定の距離を保っています。
いっくんに関しては一番無関心かも知れません・
そうですね~男の子同士二人で
まるに対しての愚痴を何か言ってるかもしれません。
ころは、人畜無害な猫なんで、
うひょーって感じでマイペースです。
自分から近づくことはないですが、
いっくんから挨拶に来れば、お鼻をくっつけて、ご挨拶します。
あのひょろっとした身体の細いころより、
いっくんが年下だと思うと不思議な感じがします

110314_1428~01

Mさん ありがとうございます
コロちゃんの3倍ちかくの体重 うんちも食べる量も3倍でしょう
お手間かかりますが よろしくお願いします



被災者の方で持病をお持ちの方沢山いらっしゃるでしょうね
テレビで心臓の悪い方が、お薬も全部ながされたから
困っていると言われてました

薬で命を繋いでいるかた 薬で健常者のかたと同じように行動できるかた
呑めない事は 即 体が悲鳴をあげてしまいます
健康な方でも寒さやストレス不安で体調を崩されています

私も、一日3回お薬を呑んでいます
無くなったらと思うと 不安になります

早く皆さんに適切な医療が行われますように
21:21 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
いっちゃん 馴染んできたよ | top | いっくんお試しの巻き 3

コメント

#
お帰りなさい。:)
ほぼ、毎日こちらのブログはクリックしておりました。
すももちゃん、きっと甘ったれになると思います。
でも、いっくんの新しい旅立ち。
きっと大丈夫です。
これからのブログ、楽しみにしています。:)
by: 太っちょの母 | 2011/03/18 21:17 | URL [編集] | page top↑
#
太っちょの母さん
放置してしまったブログ
いつも見に来てくださっって
本当に本当にありがとうございます
自分の体調から自分のブログの更新はもちろん
皆さんのブログを拝見する事もなかなかできずに
申し訳ありませんでした
すももといっくん離れ離れになりましたけど
血のつながりは一生もの
そして一緒に暮らした思い出は 
このこたちは忘れても私の心にはず~と
残るので永遠のものです
by: mofmof | 2011/03/19 22:17 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nyatadaima.blog103.fc2.com/tb.php/689-f4286ddc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。