スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

みんなに読んでほしいから

里親さん募集中です


一時預かりさん 緊急大募集中
温かいおうちで過ごさせてあげてください
今年がし~ちゃんにとってすばらしい年になりますように



                 

  関西方面よりしーちゃん里親募集中 お外で頑張っています

  バナー貼ってくださるかたもお待ちしています


line3.gif


にゃんず日記にゃんず日記
(2008/10/07)
なおちゃん@もも組

商品詳細を見る

にゃんず日記のなおさんが、5年間毎日ブログを更新された待望の書籍です



のらねこ。のらねこ。
(2007/02/22)
中川 こうじ

商品詳細を見る





のらねこ。 -ちいさな命の物語-のらねこ。 -ちいさな命の物語-
(2008/03/28)
中川 こうじ

商品詳細を見る

   のらねこ野良にゃん写真集の書籍されたものです。

     



どうぶつたちへのレクイエムどうぶつたちへのレクイエム
(2005/02)
児玉 小枝

商品詳細を見る

    こちらの、写真は、パネル展などで開催されていますね



 今日 モタモタしておりましたが、やっと上記の本4冊を
 図書館に、「とってもいい本なんで読んで下さいね」とお渡ししてきました。

 本当はもっと早くにしたかったのですが、
 ちょっと 図書館に負い目がありまして なかなか行けませんでした。

 係りの方は「動物好きの人も、いらっしゃるので 喜ばれると思いますよ」と言っていましたが
 たぶん ちらっとしか見てないから 楽しい写真集だと思っていたみたいです。

 でも 実際に本を手に取られたら 
 じっくり 真剣に見て頂けるのではないでしょうか

 にゃんず日記の、猫と暮らす楽しさ そして別れの辛さ 責任 すべてひっくるめて
 一緒に生きていくということを伝えていらっしゃいます

 のらねこの、飼い主さんから急に公園に捨てられた小さな子達
 何もわからないまま 必死に生きようとする命
 でも力尽きて亡くなるという辛い現実 そして救いたいという人達

 動物たちへのレクイエムは、皆さんご存知だと思いますが
 保健所で命を絶たれてしまう まっすぐな目の子達
 同じ人間としてこの子たちに、申し訳ない気持ちでいっぱいになります


 私の住むど田舎図書館ですが、誰か この本を読んで下さって
 みんな笑ったり怒ったり泣いたり悲しんだりするんだよ
 心はいっぱいあるんだよ 命は短いけど一緒の命なんだよと
 少しでも思ってくださればうれしいですが、 

 なんせ 田舎なんで図書館自体に人が少ないからな ちゃんと借りてね 

 最後に、係りの方「目の前の目立つところに置いておきます」と言っていました
 

 御願いします(ぺこっ)
 
22:07 | 私の思う事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
まんまる | top | 思い出のお菓子

コメント

#
にゃんず日記2 待ち遠しいかなーって思っています。

あすかちゃんの闘病の様子とか
今は元気にしていてくれるから 嬉しいけど~
原因不明で亡くなったトラちゃんのことは、とても衝撃的でした。


ペットと暮らすのは 楽しいばかりではないし、
正直 辛いこともたくさんありますよね。
病気や亡くなるだけのことではなく、高熱出してうなっていても、トイレの掃除してあげなくてはならないし、 にゃんこにご飯をあげなくてはならないし。

自分の時間をもっと持ちたいっておもっていても
遊んで~ かまって~ってされたら 遊んであげなくちゃってなるし、片づけたはしから 飾った雑貨を落とすわ、棚の上にのっかって ごちゃごちゃにするわ、毛糸は ひっぱってぐしゃぐしゃにするわ、桃なんて 午前2時でも3時でもおかまいなしに 自分の気分で起こしてきます。
って ぐちになっちゃった(笑)

でも、それを上回るかわいさ~を持っているのが猫たちが
家族なんですよね。

写真集というスタンスではなく、現実としてそういう気持ちや心を 1人でも多くの人が感じとってくれればいいなって思います。

世話かかるし、面倒くさいこともたくさんあるし
お金もかかるけど、それ以上の愛と信頼があるのが
ペットなんぢゃないかなーって思います。

mofmofさんの寄贈した本によって
より多くの人が わかってくれるといいなぁ。




by: kaochan | 2009/02/19 22:19 | URL [編集] | page top↑
#
kaoさん
こんばんわっ

私も実はにゃんず日記2
ひそかに楽しみにしてます

とらちゃんを亡くされたなおさんの心の辛さ
あすかちゃん闘病を考えると
決して 楽しいことばかりじゃないけど
でも それを全部ひっくるめて
一緒に暮らしていくという事を教えて下さって
本当に考えさせられます

時々 旦那と一泊旅行に行こうかって話もするんですが
やっぱり二人とも外泊したら いくらばあちゃんが居ても
心配だし、にゃあが膀胱炎になった時はまったく仕事に身が入らなくて失敗ばかりしたり
車でおしっこされたり うんこ廊下に転がっていたり
げぼっもいっぱい吐かれたり

人がご飯用意していても、しんどくて横になっていても
自分勝手にお尻ぺん要求してくるし

私もグチになっちゃいましたが

その何倍も可愛さ愛おしさいっぱいくれるから
全然帳消しなんですよね

この本を読んで、
人間も動物も一緒なんだよ大事なんだよって
一人でも思ってもらえれば こんなありがた事は
ないです。
by: mofmof | 2009/02/20 22:14 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nyatadaima.blog103.fc2.com/tb.php/436-a4e5d472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。