スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

能登半島地震から一年・・・

能登半島地震から今日で一年をむかえましたね

私は日曜日でしたので、にゃあとまったりお布団の中にいる所に地震がおきて・・

枕上にあった本棚の下敷きになりましたが、にゃあはそんな私を見捨てて逃げていきました


幸い私の住む地域では、被害は殆どありませんでしたが

同じ会社の出張所があった門前では甚大な被害がありました

次の日に、片付けのお手伝いに行った時は、道路は隆起や陥没して
水はまったく使えず、事務所の中も前日片付けたとはいえ
ガラスが割れたり、戸棚が倒れたりで、
自衛隊の車が沢山走り、ヘリもいっぱい旋回してて
別空間のようで信じられませんでした

一時間走れば又私達の住む空間に戻り
でも ここが現実味が無くて・・・

同じ会社に勤めていた方は避難所にいらしゃって
小さいお子さんも居て、その子がヘリの音にすっごく怖がっていると聞いた時
なんか すっごく切なくて・・ 
心底 この仔達を残して、自分が自宅に帰る事がすっごく罪悪感でいっぱいになりました

この方は、お家が半壊せずに、後々はご自宅に戻る事ができましたが
長い間避難所生活をされていました
そして 大変な心労を抱えてらっしゃいました。
それでも 会社に出てらしてお仕事をこなす姿は、力強さを感じ頭の下がる思いでした

仮設住宅では、今も殆ど埋まっている状態と聞いています
まったくちがう狭いお部屋での生活大変ご不便やご苦労があるかと思いますが
体ももちろんですが心も崩されないように心よりお祈りしています・・・





そして 動物達も同じように、震災によって苦労している子たちがたくさんいます。
震災当時は、一時預かり所もありましたが、
すぐに預かりの仔達が居なくなったのか閉鎖されてました

でも 現実は、違うんですね
先月 ふくちゃんと門前の仮設住宅に行き良くわかりました
お家が地震によって急になくなり、飼い主さん来てくれなくて
全壊や更地になった場所にず~と飼い主さんも探していた仔達や
ご自宅が全壊されて、すぐに保健所に出された仔も

そして 仮設住宅に住まれていた方なのかそれ以外なのかは分かりませんが
置き去りにされたにゃんこ

くわしくは ふくちゃんのブログを・・・


ママ猫andチビッコ達


くろちゃん


ママちゃんはとっても可愛くて初めて会う私にもまったく威嚇せずに

クロちゃんは鳴き声が愛らしく そして安心したのかゲージの中でぐっすり眠っていました


被災された方は正直 ペットのことまでと思われる事もあるかと思いますが
でも この仔達もとっても不安なんですその上捨てられるなんて
人間も動物もいっしょに震災復興に向けて頑張っていくべきなのだと思います


こんな いっぱい苦労してきたにゃんずたちの里親さん大募集中です
そして 支援物資のご提供もお願いします


「猫福<にゃんぷく>猫の里親募集ブログ」



我が家でも能登半島地震が起きてからよく主人と話すんですが

 「もし 地震が起きたらにゃあをどうする」と言うと
 「おれらと一緒に決まっとるやろ」っていってくれるんです・・

 当たり前といえばそうなんですが、避難所に連れていけない場合があったとしても
 主人は「俺が車で一緒に居るから」なんて言ってもらえると
 本当にうれしくて 主人にとってもにゃあは大事な家族と思っていてくれる事

 でも 亀は?と聞くと
 「そんなん俺に聞くな どうせ連れていくやろ」と言うので ちょっと微妙ではありますが・・

 みんなみんな大事な子達 預かった命ですもん 尽きる時はのしを付けてお返ししないとね



  IMG_4114.jpg






 
21:26 | 私の思う事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
泣かしたる そして お客さんが・・・ | top | トット頑張ってます 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nyatadaima.blog103.fc2.com/tb.php/135-56807d46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。